FC2ブログ

一言居士の独言

対訳若山氏によるネイチャー論文取り下げ趣意書

(英文)
The original article was published on 29 January 2014
A Correction to this article was published on 30 July 2014

Corrected online 23 July 2014

Nature 505, 641–647 (2014); doi:10.1038/nature12968


元の論文は2014年1月29日に公開された
この記事の訂正は2014年7月30日に公開された

2014年7月23日オンライン修正

Nature 505,641~647(2014); doi:10.1038 / nature12968



(英文)
Several critical errors have been found in our Article and Letter (*ttp://dx.doi.org/10.1038/nature12969), which led to an in-depth investigation by the RIKEN Institute. The RIKEN investigation committee has categorized some of the errors as misconduct (see Supplementary Data 1 and Supplementary Data 2). Additional errors identified by the authors that are not discussed in RIKEN’s report are listed below.


我々のアーティクル及びレター(*ttp://dx.doi.org/10.1038/nature12969)にいくつかの重大な誤りが発見され、理研による詳細な調査が行われた。 理研の調査委員会は、その誤りのいくつかを不正行為と分類している(補足資料1と補足資料2参照)。 理研の報告書で議論されていない、著者たちによって確認された追加の誤りは以下の通りである。

(英文)
(1) Figure 1a and b in the Letter both show embryos generated from STAP cells, not a comparison of ES- and STAP-derived chimaeric embryos, as indicated in the legend.

(2) Extended Data Fig. 7d in the Article and Extended Data Fig. 1a in the Letter are different images of the same embryo and not, as indicated in the legends, a diploid chimaera embryo and tetraploid chimaera embryo.


(1)レターの図1aおよびbは両方とも、注に示されるように、ESおよびSTAP由来のキメラ胚の比較ではなく、STAP細胞から生成された胚を示す。

(2)アーティクル拡張データ図7dとレターの拡張データ図1aは、同じ胚の異なる画像であり、注に示されているように、二倍体キメラ胚と四倍体キメラ胚ではない。


(英文)
(3) There is an erroneous description in Fig. 1a in the Letter. The right panel of Fig. 1a is not a ‘long exposure’ image at the camera level but a digitally enhanced one.

(4) In Fig. 4b of the Letter, STAP cell and ES cell are wrongly labelled in a reverse manner.


(3)レターの図1aに誤った記述がある。 図1aの右側のパネルは、カメラレベルでの「長時間露光」画像ではなく、デジタルで増感された画像である。

(4)レターの図4bにおいて、STAP細胞およびES細胞が間違って逆の表記になっている。


(英文)
(5) In the Article, one group of STAP stem cells (STAP-SCs) was reported as being derived from STAP cells induced from spleens of F1 hybrids from the cross of mouse lines carrying identical cag-gfp insertions in chromosome 18 in the background of 129/Sv and B6, respectively, and that they were maintained in the Wakayama laboratory. However, further analysis of the eight STAP-SC lines indicates that, while sharing the same 129×B6 F1 genetic background, they have a different GFP insertion site. Furthermore, while the mice used for STAP cell induction are homozygous for the GFP transgene, the STAP-SCs are heterozygous. The GFP transgene insertion site matches that of the mice and ES cells kept in the Wakayama laboratory. Thus, there are inexplicable discrepancies in genetic background and transgene insertion sites between the donor mice and the reported STAP-SCs.


(5)アーティクルにおいてSTAP幹細胞(STAP-SC)の1つの種類が、 若山研究室でそれぞれ維持されていた、 第18染色体に同一のcag-gfp挿入を有する129 / SvとB6マウス系統の交配由来のF1ハイブリッドの脾臓から誘導されたSTAP細胞に由来するものとして報告された。しかし、8つのSTAP-SC系統のさらなる分析は、同じ129×B6 F1遺伝的背景を共有しながら、それらは異なるGFP挿入部位を有することを示している。 さらに、STAP細胞誘導に使用されたマウスはGFP導入遺伝子についてホモ接合であるが、STAP-SCはヘテロ接合である。 GFPトランスジーン挿入部位は、若山研究所に保持されたマウスおよびES細胞のものと一致する。 したがって、ドナーマウスと報告されているSTAP-SCとの間の遺伝的背景および導入遺伝子挿入部位には不可解な矛盾がある。


(英文)
We apologize for the mistakes included in the Article and Letter. These multiple errors impair the credibility of the study as a whole and we are unable to say without doubt whether the STAP-SC phenomenon is real. Ongoing studies are investigating this phenomenon afresh, but given the extensive nature of the errors currently found, we consider it appropriate to retract both papers.


アーティクルとレターに記載されている間違いをお詫び申し上げる。これらの複数の間違いは、研究全体の信頼性を損なうものであり、STAP-SC現象が事実であるかどうかに関して疑いを持たずに言うことはではできない。進行中の研究がこの現象を新たに調査していルートが、現在分かっている間違いの広範な影響を考慮すると、両方の論文を撤回することが適切であると考えている。



(英文)
Supplementary information

PDF files

1. 1.

Supplementary Data 1

This file contains a report by the Research Paper Investigative Committee of RIKEN titled ‘Report on STAP Cell Research Paper Investigation’. RIKEN President Ryoji Noyori received and assented on this report on 31 March 2014; the report was published by RIKEN on 1 April 2014. The report is re-published with permission from RIKEN.



補足情報

PDFファイル

1. 1。

補足データ1

このファイルには、理化学研究所研究論文調査委員会の報告書「STAP細胞研究論文調査報告書」が掲載されています。理化学研究所理事長野依良治は、2014年3月31日にこの報告書を受け取り、同意した。2014年4月1日に理研から発行された。報告書は理研の許可を得て再掲載されている。

(英文)
2. 2.

Supplementary Data 2

This file contains a report by the Research Paper Investigative Committee of RIKEN titled ‘Report on Review of Appeal of STAP Cell Research Paper Investigation Results’. RIKEN President Ryoji Noyori received and assented on this report on 7 May 2014; the report was published by RIKEN on 8 May 2014. The report is re-published with permission from RIKEN. This is a translation prepared by RIKEN of a report originally submitted in Japanese and is for information purposes only. The original Japanese document is the only official document and is to be referred to in the event of questions concerning this translation.


2. 2。

補足データ2

このファイルには、理化学研究所論文調査委員会の報告書「STAP細胞研究論文調査結果の審査報告書」が掲載されています。理研理事長野依良治は、2014年5月7日にこの報告書を受け取り同意した。 2014年5月8日に理研から発表された。報告書は理研の許可を得て再掲載されている。これは、元々日本語で提出された報告書をRIKENが作成した翻訳であり、情報提供のみを目的としている。元の日本語文書は唯一の公式文書であり、この翻訳に関する疑問がある場合には参照されるべきでものである。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 2019/05/14(火) 08:08:59|
  2. 取り下げ趣意書
  3. | コメント:0

プロフィール

ichigenkoji

Author:ichigenkoji
したらばから引っ越しました

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

新設・STAP事件簿 (1)
引っ越し・古代史ブログ (1)
引っ越し・釣りブログ (1)
ミトコンドリア (2)
AC129 (20)
一枚報告 (1)
一枚報告補記 (9)
STAP事件 (44)
桂報告書疑義 (6)
Ooboeさん情報 (25)
学さんブログ検討記録 (39)
小保方さんの論文 (6)
ネイチャー査読 (1)
レター論文 (5)
プロトコル (2)
kahoの日記 (1)
遠藤論文 (6)
取り下げ趣意書 (1)
丹羽検証論文 (4)
李論文(アブストのみ) (1)
李履歴書 (1)
李感想問答 (1)
非ヒトES動物 (2)
その他 (0)
廃棄 (0)
糞チャンコロ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR